大人になってあらためてハマったプラモデル!不労所得も少々

私は現在自営業で生計を立てている25歳の田舎者です。
小さい頃から私はプラモデルの制作に熱中していました。

とはいっても幼い頃の私のプラモデルとの向き合い方というと、もっぱら組み立てるのみ。

幼い頃は改造のために使う高価な道具などを買うお小遣いはありませんでしたからね。
組み立てては、かっこいいポーズをつけて机の上において何時間も眺めたり、、、。

同じシリーズのプラモデル同士で武器を交換しあったり、、、。

そんな私も大人に近づけば近づくほど、プラモデルから手が遠ざかっていきました。

しかし、23歳の頃大学を卒業して働きはじめた私はふと、再びプラモデルを購入して作ってみたくなりました。
そのときの衝撃は今でも覚えています。

私が当時買ったプラモデルは、足の関節や腕の関節もろくに動かずなんとかポーズを決めれる程度のものでした。
しかし数年の時を経て購入したプラモデルは、人と同じようにポージングができたのです。

このプラモデルの購入をきっかけに、私のプラモ熱は再燃しました。

ただプラモデルとの向き合い方は、幼い頃とは少し変わりました。

幼い頃はキットを何体も購入してとにかく組み立てていたのですが、大人になってからは1体のキットを数ヶ月かけてじっくりと組み立てるようになったのです。

大人になってからは、ある程度お金にも余裕が出てきて改造のための道具などを購入できるようになったからです。

今では仕事が終わって暇さえあれば机に座ってプラモデルをいじっています。

昔と今では確かにプラモデルとの向き合い方は少し変わりました。

しかしプラモデルを作ることで感じる喜び、楽しみといったものは幼い頃に感じたものを今でも同じように感じています。

テレビの中で動いていた自分の大好きなロボットを自分の手で組み立てられる。

漫画で見た自分の大好きなロボットを自分の手で、自分好みのアレンジを加えて立体化できる。

そういった楽しみがプラモデルにはあり、私は今でも夢中になっています。

そして、これから何年先もこのプラモデルと向き合っていきたいと思っています。
結婚しても、子供が出来ても、、、。

子供と一緒にプラモデルを作ることができたら幸せですね。

不労所得は2000年からお金が無くても作りやすい印象があります。